借金は悪?良い借金のやり方教えるよ!

f:id:lognoteplus:20170905202453p:plain こんばんは、ファイナンシャルプランナーのカマカマ(@ka_maka_ma)です。

生きていれば、必ず大なり小なり借金はしたことがあると思います。

身近なところでいうと車。大きな買い物で言うと家なんかは通常借金して購入すると思います。

が、しかし!

この給料が増えないのに社会保障料が増える昨今。できれば借金はしたくないものですよね!

でも借金しないとそんなまとまったお金ないし…。というジレンマに陥ると思いますが借金がすべて悪!ということことではないことに最近気づいてきました。

ということで紹介していきます。

スポンサードリンク

運用益>借金の金利となるように資金を運用する

収入が増えない中、最も重要なのは「お金に仕事をしてもらう」ということです。

つまり資産運用をして

運用益-借金の金利=プラス

となれば借金をしても問題ないです。貸す側もこの超低金利時代貸すに貸せず困ってます。

www.nikkei.com こんな状況ですからね。銀行も金利低いんでどうにかして借りてほしい。

で具体的にどうすればいいかって?

普通預金口座に入れっぱなし?それはセンスがないですね。普通預金に預けていてもびた一文つきません。むしろ時間外手数料であっという間にマイナスです。

定期預金はどう?普通預金より悪くはないと思いますが、こちらも運用利率がとても低いです。

じゃあどうすればいいの?とお思いでしょう。

投資信託からやってみよう!

お金に仕事をしてもらうにしても株やFXはリスクが大きすぎます。方法を理解するにしても時間がかかるのが事実…。

まずは、投資信託から始めることをお勧めします。

投資信託とは
投資信託とは簡単に言うと皆さんから集めたお金をファンドマネージャー(お金の運用のプロ)が運用し、お金を増やしていきます。

リーマンショックみないな世界的にどうしようもない時以外は安定して増やすことができます。

投資信託は基本預けておくだけで運用?なにそれ?という方も気軽に始めることができます。現在11,000種類近くあります。

長期的な運用を目指すのであれば、運用した利益を再度投資に回す方式がおススメです。詳しくは、下の本がとても参考になります。

この本の著者が運営しているセゾン投信も、信託報酬率(預けて運用してもらうための手数料)が1%と非常に良心的で長期運用に向いています。

他にも、
ひふみ投信
www.rheos.jp

ウェルスナビ
www.wealthnavi.com

THEO
theo.blue

などがあり、これらの投資信託は長期投資を目的としたスタイルで運用を行っています。

じゃあ、なぜ手元に現金を置いておいたほうがいいのかそのメリットをお話ししたいと思います。

現金を確保することでいざというとき困らない

もし、あなたが現金を全部頭金などに利用したとしましょう。

この状況の場合、とっさに大きなお金がいる場面に遭遇したとします。にさらに借金をしないといけない状態になります。となると金利を払うこととなり確実にマイナスに陥ります。

上記の話の通り手持ちの現金を資産運用し、プラスの状態であるとします。大きな現金がいる同じ状況の場合、現金を保有しているためとっさの場合でも動かしやすく全部利用することがなければマイナスにもなりにくい状況となります。

また、資金自体も保有した状態からスタートのため増やしやすい条件からスタートできます。

さらに気持ち的にも「お金がある!」ということで余裕が生まれると思います。

まとめ

借金=良くないというイメージがありますが、お金をよく知ることでベストな使い方を見つけることができます。

皆さんも簡単なことから知っていき、行動をしてみてはいかがでしょうか。

カマカマもちょっとずつ動かしていきますよー。

スポンサードリンク